東郷平八郎

あの有名な日本海海戦で指揮し、当時世界最強だったロシアのバルチック艦隊を完膚なきまでに撃破した
日本の英雄です。


「皇国の興廃この一戦に在り、各員一層奮励努力せよ」

「五省」
至誠(しせい)にもとるなかりしか(誠実さを失っていることはなかったか)
言行(げんこう)に恥ずるなかりしか(言葉と行動に恥じるところはなかったか)
気力に欠くるなかりしか(気力に欠けているところはなかったか)
努力に憾(うら)みなかりしか(努力に足りないことはなかったか)
不精(ぶしょう)にわたるなかりしか(何をするにもめんどうくさがっていないか)


「訓練には制限はありますまい」


「遇直と笑わるるとも、終局の勝利は必ず誠実な者に帰すべし」




米内光政

海軍大将。大日本帝国最後の海軍大臣。


人間はいついかなる場合でも、巡り合った境遇を最も意義たらしめることが大切だ。

いまは必勝の信念の方に進みますが、他面の時機も常ににらんでいくつもりです。


栗林忠道

大日本帝国陸軍の軍人。最終階級は陸軍大将。
硫黄島の戦いで陸海軍硫黄島守備隊を総指揮。

「祖国のため我々は最後の一兵になろうともこの島で生き延びる事が義務である」


「男には『意思』の強固と云う事が何より大切である。意志の弱い男は何が出来ても役に立たない」

「人間は生死の関頭に立てば、矢張り一家の事が一番気にかかる事がはっきりします」


「予が諸君よりも先に、先陣に散ることがあっても、諸君の今日まで捧げた偉功は決して消えるものではない。いま日本は戦に破れたりといえども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功をたたえ、諸君の英霊に対し涙して黙祷(もくとう)を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸君は国に殉ずべし。天皇陛下万歳!」


出典:名言格言集 http://meigennooukoku.net/blog-entry-3440.html

 

昔の人の言葉は現代社会で生きていく上でも非常に良い教訓になりますね!

仕事も頑張れます!!

不屈の精神でガンバルゾ!!